茶髪と眠ってるだろう

  「違うテンポで鳴るドラムが2つあって、時々その2つのドラムのテンポがいい感じに合わさる瞬間がたまらん、みたいな音楽をやってみたい」って昔ドラムマガジンの中村達也のインタビューに書いてた。ぼくはそっと棚にドラムマガジンを戻した。