中学生の頃、歴史の授業で「西南戦争」が出てきた時、西郷隆盛が1人で戦争してる風景を思い浮かべてしまい、爆笑してしまった。


  高校に入って、友達が「俺、中学の時、大塩平八郎の乱で爆笑してん。1人で乱起こしよった!と思って」と言った。


  その友達とは親友になった。